建売住宅購入、総額でいくらかかったのか

かなりのスローペースですがやっと入居まで書けたので、住宅購入にあたって最終的にいくらかかったのかを整理してみました。

物件は3580万円ですが、必須な費用を足すと3730万円ほど。諸経費として150万円くらいかかりました。
売主から直接購入したので、仲介手数料がかからなかったのは大きかったです。登記費用は業者から司法書士を指定されたし、ローン諸経費は決まった金額で値引き交渉する余地ないし、この2点の費用を削ることは難しいですね。
火災保険と引越し費用は、複数の業者に相見積もりを取ることで数万円程度削ることは可能だと思います。

家を買うにあたって必須ではない、その他費用の追加工事と家具・家電などは改めて見るとだいぶ使ってしまった。金銭感覚麻痺して、勢い余って買いすぎた感は否めませんが、買って後悔したものはないのでまぁ良しとしましょう。

こうやって整理して気付いたのですが、不動産取得税の存在を忘れていた…。 うちの物件は、軽減措置で0円になるはずですが、軽減措置を受けるためには申請が必要なのか、納税通知書が来るまで待ってれば良いのか。ネットで調べてみてもいろんな情報があってよくわからない。家買ってからそろそろ1年経つけど、どうすればよいのだろうか。東京都主税局に問い合わせてみようかな…。

ブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建売住宅へ ← 建売住宅のブログが見れます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ ← 家計管理のブログが見れます。
スポンサーリンク
大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
大広告