飯田産業の建売住宅、1年住んでみての感想


飯田産業の建売住宅を購入し、住み始めてから1年が経ちました。
住んでみての感想をまとめてみたいと思います。

良かった点

・家が広い

リーズナブルな値段なので、限られた予算でも広めの家(といっても延べ床面積100平米ちょいですが)が買えたのは良かった。子供たちが家の中でワーワー言いながら走り回っている姿を見ると、特にそう思います。家が広いに越したことはない!

・断熱そんなに悪くない

夏は暑くて冬は寒いのかなぁと思っていたのですが、冷暖房つけていれば快適に過ごせます。シャッターあるし、ペアガラスだし、窓から冷気がガンガンに入ってくることはないです。
高断熱・高気密の家に比べたら光熱費はかさむかもしれませんが、それは初期費用に違いがありますから割り切っています。

不満な点

・ケーブルが直に引かれている

これは今すぐに問題があるわけではないのですが、今後のことを考えると不安になります。

天井裏を覗くとわかるのですが、同軸ケーブルが直に引かれています。もしケーブルに断線などの不具合が発生した場合、配線し直す必要がありますが、どうやってやればいいのか。天井裏に入って各部屋まで線を引っ張れるのだろうか。
これが飯田産業の物件の標準なのかもしれませんが、各部屋との間にCD管(ケーブルを通すパイプ)を引いて欲しかったです。
ネット回線のルーターは1階のリビングにあって、2階に置いているデスクトップPCへは無線で電波飛ばしているんですが、できれば有線LANで繋げたかった。もしCD管が通ってればそれもできたのになぁ。
このメンテナンス性の低さが不満な点です。

・ゴキブリが出る

これは飯田産業の物件だから、ということではないかもしれませんが、平穏な生活を送る上で死活問題です。
新築なのに、去年の夏は4匹も出やがりました。一人暮らししていたマンションでも、結婚して住んだアパートでも、1匹も出たことなかったのに、出やがりました。
暫くヤツとは対峙していなかったせいで耐性もなくなり、恐怖でしかありません。物凄くビビりながら撃退したり、丁度お義父さんが来ていたときには代わりに倒してもらったりもしました。
どこから出現したのかよくわからないのですが、今年の夏はもう見たくないので、可能な限り対策します。

気になる点

・フローリングが床鳴りがする

フローリングがところどころ、床鳴りします。まぁでもこれは質の良いフローリングでも起こり得る(というか無垢材のほうが起こりやすい)ので僕は気にしてません。嫁は気になるようですが…。

・玄関ドアの閉まりが悪い

最近、玄関ドアの閉まりが悪いです。普通、ドアは開いた状態で手を離すとゆっくり閉じていって、カチャと閉まるはずですが、最後のカチャとなる部分で引っかかった感じになり、手で押さないと閉まりません。
あんまり支障はないので原因をちゃんと調べていなかったのですが、ネット検索してみると、ラッチ調整というのをしてみると直るらしい。
気が向いたときにやってみることにします。

・キズや欠け

建具や壁など、ところどころキズや欠けが。

これはキッチンのカウンターのところの欠け。
まぁうちには暴れん坊が2人いるし、生活してたらキズなどができるのは仕方ないですね。
細かいキズなどは(気が向いたときに)自分で補修をしていこうと思います。

まとめ

ネット上だとボロボロに書かれたりする飯田産業の物件ですが、住んでみた感想としてはそんな悪くないな、と思います。
ここが素晴らしい!住みやすい!というところはないかもしれませんが、住居に強いこだわりがない人にとっては十分な物件なんじゃないかな。

2年、5年、10年と経つとこの考えも変わってくるかもしれないですが、とりあえず1年住んでみての感想でした。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建売住宅へ ← 建売住宅のブログが見れます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ ← 家計管理のブログが見れます。
スポンサーリンク
大広告
大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする