双子3歳、初めてのディズニーランド(前日編)


前回の続き。

双子3歳、初めてのディズニーランド(準備編)
先日、家族でディズニーランドに行ってきました。 そのときのことをまとめておこうと思います。 ディズニーランドに行くきっかけ 僕も嫁も特にディズニー好きというわけではなく、子供と一緒に行っても疲れるだけだろうと思い、今までは行こうと...

電車で葛西臨海公園へ

前日は昼頃に家を出て、バスで最寄駅まで行き、駅前のケンタッキーで昼ご飯食べ、電車に乗る。
ケンタッキーでおしゃべり好きのおばあちゃんに捕まり、バイバイするタイミングを逃し、タイムロスしたものの、丁度良く新木場まで直通の電車に乗れたから結果オーライ。

さて、1時間半の道のり、ちゃんと静かに乗っていられるか。
最初の30分は窓の外を見たり、楽しんでいたようですが、途中から地下鉄区間となって景色を楽しめなくなってくると、だんだんと雲行きが怪しくなってきます。
お菓子をあたえて誤魔化しますが、息子は「早く降りたい」とグズグズしてくるし、娘は電車内をうろうろし出す。
娘はなぜか(おそらく大人のマネをしたいから)手すりに掴まると言い出して騒ぎ出したので、仕方なく抱っこして掴まらす。
もう15kgあってつらいのに、20分くらいは抱っこしてました。電車空いてて座れるのに、立って、しかも子供を抱っこするという無駄な体力消費。つらい…。

なんとか頑張って、葛西臨海公園駅に到着。

葛西臨海水族館

駅に着いたら、葛西臨海水族館へ。
駅から水族館までそこそこ距離があって、娘がちゃんと歩いてくれるか心配ですが、きまぐれの娘はなぜか全力疾走。
ハトを追っかけたり、キャッキャ言いながら走る。あらぬ方向へ行ってしまうから、それはそれで大変。

で、到着。

娘の全力疾走は、水族館内でも健在で、魚に見向きもせず、どんどんと走っていく。息子もそれについて行く。
一瞬で、順路の最後のほうのペンギンエリアへ。
せめてここだけはしっかり見ろ、と促す。

ペンギンだー!とテンション上がる二人。
やっと水族館らしいリアクションしてくれた。
でもワーワー言っていたら、隣にいた女の子に「うるさい」と言われる。
ウチの子たちは声でかいんだよな…。毎日二人で張り合ってるうちにどんどん声大きくなっていったのかなぁ。

ちゃんと見たのはペンギンくらいで、水族館をあとに。
まぁこんなもんか。

ダイヤと花の大観覧車

せっかく葛西臨海公園に着たから、と観覧車にも乗りました。
3歳児でも金かかるから家族4人だとまぁまぁな金額になりますね。

子供たちは初めて観覧車に乗りましたが恐がったりもせず。まだ高いところが恐いという感覚もないのかな…。

観覧車乗る前に写真撮られて、降りたところで売ってまずけど、あれは何パーセントくらいの人が買うのだろう。気になる。

アパホテル&リゾート東京ベイ幕張に宿泊

葛西臨海公園を楽しんだら、電車で海浜幕張へ。
電車内で娘がグズグズし出したので抱っこしてたらそのまま寝てしまう。さんざん走り回ったから疲れたのでしょう。
ベビーカー持ってきてないからそのまま抱っこするしかない。つらい!

駅に着いたらとりあえず夜ご飯を、ということで駅近くのサイゼリアへ。
今回のお出かけでは、食事は早く済ますことを優先してたのでジャンキーなものばかりに。体が野菜を欲してました。
娘を寝かせながら、僕と嫁と息子で軽く食べ、ホテルへ。

泊まったのは、アパホテル&リゾート東京ベイ幕張。
素泊まりですけど、4人で泊まって1万強。
ビジネルホテルみたいなところかなーと思っていたら、立派なホテルでした。部屋綺麗だし、大浴場あるし、良かったですねー。
息子は大浴場好きなので「大きいお風呂だー」とはしゃいでました。

千葉マリンと幕張メッセが良く見えた。サマソニ2日間行くなら、ここ泊まるとラクだろうなー。

一時期話題となったこの本もちゃんと置かれてた。

娘と息子の性格がよくわかる構図。髪の長さがあまり変わらないからわかりずらいですが、左が息子で、右が娘です。

子供も、僕と嫁も疲れ果てて就寝。

つづく。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建売住宅へ ← 建売住宅のブログが見れます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ ← 家計管理のブログが見れます。
スポンサーリンク
大広告
大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする