窓壁用ホスクリーンを設置

以前より嫁から、1階で洗濯物を干したい、雨降っても濡れないように洗濯干しの上に屋根付けて欲しい、と要望されていました。
ということで、その両方を1度に解決できる窓壁用ホスクリーンを設置することにしました。
1階のリビングの窓の上にはベランダがあるので、それが屋根代わりになってくれて、少しの雨くらいなら防いでくれます。

まずはAmazonで窓壁用ホスクリーンを注文。もっと安いのもありましたが、なんとなく不安なのでそれなりのものを購入。2個セットなわけではないので、2個注文する必要があります。

川口技研 ホスクリーン RK型 窓壁用 RK-55-ST

新品価格
¥3,535から
(2017/6/12 22:38時点)

外壁に設置するにあたり、まずは下地を見つけなければなりません。
下地センサーとかありますが、わざわざそういうもの買って調べなくてもわかる方法があった。

サイディングの釘が打たれてるところが下地があるところだ!
その付近に鉛筆で下穴を空ける位置をマーキング。

水平はどうやって取ろうかと、紐をひいてみたりしましたが、最終的には窓枠を基準に左右の位置を決めました。

下穴は電動ドリルを使用。今後も使うことあるだろうと買いました。DIYしている感じがしますね~。

リョービ(RYOBI) ドライバドリル CDD-1020F ビット5本組セット 4989640

新品価格
¥7,280から
(2017/6/12 23:03時点)

ちなみに下穴は7mm。
ズゴゴゴとドリルで穴を空けていきます。

穴空いたー。

穴の中にはコーキング材を注入。
次は電動ドライバーを六角ソケット(13mm)に替えて、ネジ留め。

無事、壁に付きました。

ホスクリーンの周りにもコーキング材をぬりぬり。ヘラでならしますが綺麗になりません。まぁいっか。

そして完成!
思ったりも短い時間でできました。

その後、問題なく使えていて嫁にも好評。このままぶっ壊れることなく使えるといいな。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建売住宅へ ← 建売住宅のブログが見れます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ ← 家計管理のブログが見れます。
スポンサーリンク
大広告
大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする