チョコモナカジャンボのうまさはパリパリ感にかかっている


僕が子供のころからあるアイス、チョコモナカジャンボ。
このアイスのことを僕は今まで過小評価していました。

きっかけは、お義母さんが買ってきたチョコモナカジャンボ。
家の冷凍庫に入っていたので、久々だなぁと思いながら食べました。
すると…うまい!
久々に食べたけど、こんなおいしかったのか。

ということで、また食べたいと思ったので数日後、仕事帰りに自分で買いました。2個。
で、食べてみたんですが、先日と何かが違う。
前回ほどおいしいとは思えない。なぜだ…。
何が違うのかわからなくてモヤモヤしながらも、まぁ別にまずいわけじゃないからいっか、とあまり気に留めず。

その数日後、僕が買ってきたもう1個を食べようかなと思ったら、冷凍庫にない。
嫁に聞いてみると、食べたとのこと。
僕が買ってきたやつじゃ!食べるな!
なんでも、先日お義母さんが買ってきたやつだと思って食べたらしい。
そこでの嫁の言葉に衝撃を受けた。
「だからパリパリしてなかったのかー。お母さんがパリパリしてないの買うわけないもんなー」

どういうことだ?と思い、詳しく聞いてみると、チョコモナカジャンボはパリパリ感が大事だから、店でパリパリしてるやつを買う、とのこと。
(本当はよくないのかもしれませんが)手でちょっと触ってモナカの部分がパリパリしてるか、湿気てるのかを確認するらしい。

そこで気付いた。
お義母さんが買ってきたチョコモナカジャンボはおいしかったのに、僕が買ってきたやつはそうでもなかった理由。
パリパリ感だ!

子供のころから何度も食べてきたチョコモナカジャンボですが、僕はシナシナのものしか食べていなかった。だから本来のうまさを知らなかった。
過小評価をしていました。
ごめんなさい、チョコモナカジャンボ。

チョコモナカジャンボがシナシナになってしまうのは、買ってから家に持って帰るまでに溶けてしまったときとか、また製造から日数が経つと湿気てくるみたいです。

裏を見ると製造日(上の写真の場合は2月1日)がわかるので、なるべく新しい日のものを買うのが良いようです。

パリパリのチョコモナカジャンボ、これからも定期的に食べていこうと思います。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建売住宅へ ← 建売住宅のブログが見れます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ ← 家計管理のブログが見れます。
スポンサーリンク
大広告
大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
大広告